投資の窓口

不動産投資を身近に、簡単に

収入が増えても資産は増えない。貧しい中流を抜け出すために「投資的な発想」を持とう!

2017/01/27

illust_richandpoor
収入が増えているはずなのに、相変わらず生活に余裕が無いのはなぜ?

こんにちは。株式会社フィット「投資の窓口」編集部です。

 

サラリーマンとして会社に勤めていると、通常は昇給の機会がありますよね。

 

「なかなか給料が上がらないなぁ」と感じていても、実際には、入社時と比べてみると、思った以上に増えているのに気がつくかもしれません。

 

その割には、相変わらず貯蓄がなかったり、給料日前になると食費を切り詰めていたり…。

 

収入が増えているはずなのに、なぜそういったことが起きるのでしょうか?

中流なのに、生活が苦しい理由

給料が上がれば、ご褒美にと美味しいものを食べたり、欲しい物を買ったりしたくなるのが人間です。

 

生活が少しずつ贅沢になり、高価なものに慣れ、やがて生活のレベルが上がっていきます。

 

人間は、一度上げた生活のレベルを下げることはなかなか出来ませんから、給料が増えた分だけ、出費も増えていきます。

 

収入が増えると、クレジットカードの利用限度枠が増えたり、ローンの審査にも通りやすくなります。

 

月々の支払いの金額が大きくなければ、ローンで家や車を買おうと思ったりもしますよね。

 

余裕の無い月には、クレジットカードを使い過ぎてしまうこともあるでしょう。

 

クレジットカードのローンに、住宅ローンや自動車ローン、ますます出費が増えていくことになります。

 

これらの出費だけでなく、税金や社会保険料など給料から引かれるものも増えていきます。

 

さらには、高額所得者だと評価されると、手当が貰えなかったり、公団に住めなくなったりする場合も出てきます。

 

こうして、生活コストは少しずつ少しずつ上がっていき、ボディーブローのように効いてきます。

 

年収1,000万円と言えば、一般には高収入というイメージがあると思いますが、「実は年収1,000万円くらいが一番苦しい」と言われるのは、このような理由があるのです。

中流を抜け出すために「投資的な発想」を持とう!

収入を上げるために、これまでずっと頑張ってきたのに、まだまだ頑張らなくてはいけないのでしょうか?

 

もしいま「中流なのに生活が苦しい」と感じているとしたら、考え方を改める必要があるかもしれません。

 

お金に困らないレベルのお金持ちになるには、収入を増やすだけではなく、資産を増やす必要があるのです。

 

資産を形成するのために必要な要素は、次の4つです。

  1. 所得
  2. 貯蓄
  3. 投資
  4. 節約

この中で、所得、貯蓄、節約については誰もがイメージを持っていますよね。

 

では、投資はどうでしょうか?

 

お金に縁が無い人は「投資は金持ちの道楽」というイメージを持っていて、自分には全く無縁だと思っていたりするものです。

 

思い当たる節があれば、すぐにでも考えを改めたいですね。

 

「投資的な発想」を持つことこそ、貧しい中流を抜け出す鍵だからです。

投資的な発想を持つとは?

投資の本質は、将来のことを計算して、お金を投下して収益を得ようとする考え方です。

 

わたしたちの日常は、選択の連続です。

 

その選択を行う際に、投資的な発想を持っていれば、必ず生活が変わっていくでしょう。

 

同じ金額のものがあったとして、どっちが得するかをトータルのコストで考えて選ぶようになる。

 

家を買うにしても、損しない家の買い方、儲かる家の買い方を選ぶ(そんなのあるの?あります!)。

 

普段の暮らしの中で「投資的な発想」で、本当は何が得で、何が損なのか、意識してみること。

 

資産形成への第一歩として、ぜひ心掛けてみてください。

 

 

文/株式会社フィット「投資の窓口」編集部

2017/01/27

注目の不動産投資セミナー