投資の窓口

不動産投資を身近に、簡単に

働く女性を応援する知恵シリーズ (6)「あなたのスキルがお金に換わる?」

2016/09/09

Escalator
スキルをお金にする方法

こんにちは。株式会社フィット「投資の窓口」編集部です。

 

6回にわたりご紹介してきました「働く女性を応援する知恵シリーズ」ですが、今回が最終回になります。

 

今回は、あなたのスキルを、具体的にお金に換える方法をご紹介します。

 

専門的なスキルがないと思っている方にも、意外とできることがたくさんありますよ。

あなたのスキルを、必要とする人に買ってもらおう

あなたのスキルは、必要としてくれる方さえあれば、何でもお金に換えることができます。

 

代表的な、3種類のサービスをご紹介しましょう。

 

まずは、仕事を依頼したい企業(または個人)と、受注したい個人(または企業)をマッチングする、クラウドソーシングサービス型。

 

多くのサイトがありますが、「クラウドサービス」や「ランサーズ」が有名です。

 

教えたい人と、学びたい人をマッチングする、スキル共有型サイト。

「ストリートアカデミー」や「shAIR(シェア)」が有名です。

 

そして、ビジネスからプライベートなことまで、ゆるいスタンスのスキル売買サイト。

 

得意なスキルを500円から売買できる「ココナラ」や、スキルを30分から売買できるサービス「タイムチケット」などがあります。

 

次に、それぞれのサイトの特徴をざっとご紹介していきましょう。

お仕事の募集に応募する、クラウドソーシング型

クラウドソーシング型は、こんな仕事をできる方を探しています、という企業の募集に対して、応募者が、私やります、と応募をするしくみです。

 

募集者の提示した金額、もしくは、応募側が金額を提示して、募集者に決定権があります。

 

(クラウドソーシング型にも、一部、出品者がこんなサービスを幾らで売ります、と条件を指定して販売できるサービスもあります)

 

システム開発やWEB制作、デザインなど、専門のスキルを要求される募集が多いですが、中には、商品名などのネーミング、ブログ記事のライティング、データ入力など、比較的スキルが必要とされないものも、探せば多くあります。

こんなこと教えますと募集できる、スキル共有型

それに対して、教えたい人が、こんなことを教えます、と講座を出品して、学びたい人がサービスを購入するのが、スキル共有型サイトです。

 

募集者が、教える内容や日時、金額まで自由に決められます。

(売れる、売れないは、また別の問題ですが)

 

マーケティングや資料作成などビジネススキルから、アート、デザイン、料理や着付け、ヨガ、語学、アフィリエイトなど、教えたい人の数くらい、たくさんのジャンルがあります。

ビジネスからプライベートまで何でもありのスキル売買型

ワンコインからや30分からなど、サイトによって違いはありますが、思いつく限りの様々なスキルを売買できるのが、スキル売買型です。

 

ビジネススキルから、恋愛や子育て相談、占い、お薦めのお店紹介、旅行プラン作成など、こんなの欲しい人いるの?というものまで、とにかくいろんなサービスが出品されています。

どのサービスを利用するのが正解?

サービスやサイトごとに、サービス内容や利用者層が異なるので、よく取り引きされるサービスや価格帯も当然違います。

 

まずはいろんなサイトを見て、どんなものが実際に出品(募集)されて、購入(応募)されるのか、取引価格や取引量はどれくらいなのか、知っておきましょう。あなたが提供できるスキルやサービスが、実際に幾らで売れるのか、おおよその目安になるからです。

 

出品数だけ多くて、全然売れてないなら、そもそも需要が全然ないサービスかもしれません。ある程度取引量があるサイトでなければ、掲載しても、全然反応がないということもあります。

 

提供するスキル自体は同じでも、サイトごとに、サービス内容(切り口)や文章(見せ方)を変えることで、購入率(受注率)は大きく違ってきます。

 

まずは、同ジャンルで売れている人のものを参考に、あなたならではの独自性をプラスしていくと良いでしょう。

 

最初から大きく稼ぐのは難しいかもしれませんが、コツコツと実績を積むことで、より高単価のお仕事もしやすくなってきます。

 

評価項目、いわゆるお客様の声が重視されるので、毎回きちんとサービスを提供することはもちろん、コミュニケーションがきちんと取れることも大事です。そのあたりが難しい、面倒くさい、という方には向かないかもしれません。

 

基本的にどのサイトも、会員登録や、サービスの出品は無料です。

色々試してみて、自分に合うものを探してみてはいかがでしょうか。

自分らしい働き方を知る、ひとつの方法として

直接会って対応するサービスの場合、ユーザー数が多い都市部の人の方が有利な点はありますが、インターネット環境さえあれば完結できるサービスなら、住んでいる場所に関係なく、同じようにチャンスがあります。

 

今の職場や仕事内容に満足していない方の場合、独立や転職をしなくても、今の仕事を続けながら、別の可能性を探すこともできます。

 

好きなことや趣味が仕事になりそうか、需要を知り、客観的な評価を知ることもできます。

 

単なる副業というだけでなく、働き方について考える、良い機会になるかもしれません。副業NGな職場でなければ、一度チャレンジされる面白いかもしれませんよ。

 

 

 

文/株式会社フィット「投資の窓口」編集部

2016/09/09

注目の不動産投資セミナー