投資の窓口

不動産投資を身近に、簡単に

働く女性を応援する知恵シリーズ (4)「日本から発信、世界とつながる!?」

2016/08/28

leader
日本文化を海外目線で発信する

こんにちは。株式会社フィット「投資の窓口」編集部です。

 

日本の文化、サービスの良さは、世界中で高く評価されています。

 

日本舞踊、茶道、華道、武道、様々なカルチャーが世界中でブームになり、それぞれの分野で、世界中で活躍する日本人が増えています。

 

あなたがお持ちの趣味も、世界で受け入れられ、人気になるかも知れません。

 

あなたが先生として世界中で活躍できるかも知れません。

 

日本独自のもので、海外の人が興味を持つようなものなら、何でも可能性があります。

 

動画なら、言葉が分からなくても大体のことは映像で通じます。撮影して、アップしてみてはいかがでしょう?

 

たとえば、着物の着付け、お茶の点て方、お花の生け方、空手など拳法の型。折り紙の折り方や、魚の種類別の魚のさばき方、日本の家庭料理や、各地域の伝統料理なども反応があるかもしれません。

 

動画サイトとブログ、SNSをうまく連動させて、アクセス数を大幅にアップさせる方法は、少し検索すれば、いくらでも見つかります。

 

個人や企業で、動画などを駆使して、海外と取引をしている例もたくさんあるので、参考になりそうです。

 

今、海外から何が求められているのか、意識して発信することで、より注目を集めやすくなります。

SNSで世界とつながる

世界最大のSNSサイトフェイスブック」は月間利用者が17億1200万人(2016年7月時点)、画像を介して世界中の人とコミュニケーションをとることができる写真共有アプリ、「インスタグラム」は月間利用者5億人もいます(同年6月時点・各社発表資料より)。

 

このようなツールを使えば、海外在住の人とも、インターネット上で簡単にやり取りをしたり、つながることができます。

 

たとえば、 英語圏の人から英語を学びたい、または、子どもに英語を学ばせたい、という場合。

 

以前は、ラジオやテレビ番組か英語教材、英会話スクール、そして語学留学くらいでした。今は格安のオンライン英会話スクールもありますし、SNSを使って、直接海外の人から学ぶこともできるかもしれません。

 

英語が話せる方がコミュニケーションはとりやすいですが、翻訳サイトやアプリを使えば、ある程度の意思の疎通は簡単にできます。

 

もし気が合えば、メッセージのやりとりから、TV電話での会話もパソコンやタブレット、またはスマホでも充分できてしまいます。

 

お互いがもし望むなら、夏休みなどの長期休暇に、お互いの家を訪問したり、子どもをホームステイさせたりもできるかもしれません。

 

旅行会社や留学斡旋会社を使えば多額のコストがかかります。

 

でも、自分でリスクを負って、自分で調べて、行動することで、格安で、同じような結果が得られる場合もあります。

 

そして、その成功体験やノウハウを、知りたい人に教えることで、お金をもらえるようになるかもしれません。

 

 

 

 

文/株式会社フィット「投資の窓口」編集部

2016/08/28

注目の不動産投資セミナー