投資の窓口

不動産投資を身近に、簡単に

韓国が再生可能エネルギーへの転換を宣言。再生可能エネルギーへのシフトは加速するか?

2017/07/03

wind-turbine-generator
韓国が再生可能エネルギーへの転換で「脱原発」を宣言

こんにちは。株式会社フィット「投資の窓口」編集部です。

 

韓国の文在寅ムンジェイン大統領が、国内での新しい原発の建設を白紙化し、再生可能エネルギーへの転換で「脱原発」を進めることを宣言して、大きな話題になりました。

 

韓国では、原発が全発電量の3割を占めているのが現状。

 

まさに「エネルギー政策の大転換」となります。

 

液化天然ガス(LNG)や再生可能エネルギーによる発電を柱にする方針に、原発の代案としては不確実なのでは?と懸念する声もあるようです。

 

ですが、次の世代のために、原発に依存している他国に先駆けて、大きく舵を切った韓国の今後に期待したいところです。

デンマークにある自然エネルギー100%、エネルギー自給率600%の島

自然エネルギーによる発電は「不安定」だというのが定説ですが、再生可能エネルギーへのシフトは、決して不可能なことではありません。

 

デンマークの小さな島、ロラン島は、自然エネルギー100%、そしてエネルギー自給率600%で知られています。

 

ロラン島は、その平らな地形のために、年間を通じて風の絶えることの無い島。

 

この島では、その風を利用して、風力発電を行なっています。

 

沖縄本島ほどの大きさの島に、人口6万5,000人が暮らし、600基以上の風車が稼働していて、その半数以上が島民の所有なのだとか。

 

ロラン島は、もともとは農業の盛んな島。

 

その農地の一角に「マイ風車」を建て、農作物を売るのと同じように、電気を売っているのだと言います。

 

個人がこのようにエネルギー事業に参加できるのは、デンマーク政府が、固定価格での全量買取を制度化しているからです。

 

ロラン島では、こうした取り組みが、1970年代には始まっていたと言いますから、その先見の明には驚かされます。

環境とのバランスを取りながら、個人も儲かるエネルギー投資の仕組みを

わたしたち、株式会社フィットが提案しているのも、個人が参加できる、低コストでコンパクトなクリーンエネルギー発電所です。

 

風が吹けば、住民が儲かるロラン島のように、環境とのバランスを取りながら、個人もちゃんと儲かる仕組みが必要だと思うのです。

 

フィットの提案は、家をひとつの「クリーンエネルギー発電所」として考えて、個人が創った電気で収益を上げられるようにすること。

 

その収入を住宅ローンにあてたり、地域内で消費できるようになれば、個人の生活が豊かになり、地方の経済も活性化するでしょう。

 

個人がクリーンエネルギーの発電システムを持ち、自分の電力は自分で賄うというライフタイルが、今後、定着していくと思うのです。

 

 

 

文/株式会社フィット「投資の窓口」編集部

2017/07/03

注目の不動産投資セミナー