投資の窓口

不動産投資を身近に、簡単に

マイナス金利は不動産投資にどう影響する?

2016/04/22

coin
日本初のマイナス金利導入

こんにちは。株式会社フィット「投資の窓口」編集部です。

 

日本でも、ついにマイナス金利が導入されました。

みなさんにはどのような影響がありそうでしょうか?

 

1月29日に日本銀行がマイナス金利の導入を発表すると、

業績悪化が懸念された金融機関の株売りが殺到。

金融機関の株価は軒並み下落しました。

 

メリットとデメリットが存在するといわれるマイナス金利を導入したことは、

デフレ脱却が最優先課題であるという、日本銀行の決意のあらわれと取ることができそうです。

そもそも、マイナス金利とは?

マイナス金利とは、文字通り金利がマイナスになるということです。

出典:金融情報サイト-iFinance「マイナス金利とは|金融経済用語集」

 

では、わたしたちの預金はどうなるの?と思われるかもしれませんね。

 

マイナス金利政策は、日本銀行と各金融機関における金利の話です。

わたしたちの預金の金利まで、いますぐにマイナスになるというわけではありません。

 

各金融機関は、日本銀行にお金を預けています。すでに預けている分にはこれまで通りの金利が付きますが、新規で預ける分にはマイナス金利(-0.1%)が適用されます。

 

今後、各金融機関は、日本銀行にお金を預けると、利子がつくどころか利子を支払わなくてはなりません。

 

それなら、企業へお金を貸して金利収入を得たり、他の投資に回したりしよう、という動きになりますよね。

 

このように、市場にお金を出回らせて景気を刺激するのがマイナス金利政策の狙いです。

住宅を購入するなら、マイナス金利は大きなメリットに!

金利収入が下がる金融機関にとっては苦しいマイナス金利ですが、悪い話ばかりではありません。

 

マイナス金利で銀行からお金を借りる金利は下がっていますから、

貸す側にとっては損でも、借りる側にとっては有利になります。

金利を払う人が得をして、金利を受け取る人が損をするということです。

 

住宅ローンや自動車ローンの金利も下がるということですから、

不動産投資に興味のある皆さんにとっては、千載一遇のチャンスとなるかもしれません!

 

住宅ローンの金利が下がるほど、支払う金利が少なくなるので、

借入金の返済力が高まります。その結果、借入金額を増やすことが可能になります。

 

今まで住宅ローンを組むのが難しかった人にもチャンスがあるかもしれません。

銀行側も、もっと貸し出そうと今まで以上に動くはずだからです。

 

太陽光発電設備の付いたイエテラスや、ソーラーリッチハウスなど、売電収入のあるマイホームを購入するなら、さらに返済がラクになりますね。

 

借入金利が下がれば、相対的に返済余力は高まります。

リスクを取って、不動産投資に参入する方も増加すると思われます。

太陽光発電投資や戸建賃貸もチャンスが広がるでしょう。

(同じ利回りでも、金利が低い分だけキャッシュフローが大きくなります)

 

借りるには良い状況ですから、不動産を購入する、良い機会になるかもしれません。

 

マイナス金利政策が良いかどうかは別として、

日銀が2%のインフレという物価目標に向け、必要なことは何でもやると示した意義は大きいですね。

 

ピケティ氏の唱える「r>g」の方程式が効いてきそうですね。

 

 

文/株式会社フィット「投資の窓口」編集部

2016/04/22

注目の不動産投資セミナー