投資の窓口

不動産投資を身近に、簡単に

親の土地を眠らすな!有効活用するのは子供の責任

2015/04/24

マイホーム所有神話を考え直す

こんにちは。株式会社フィット「投資の窓口」編集部です。

 

資産運用の一つとして 身近にありながら、忘れられているものがあります。

 

それがマイホームという不動産です。

 

マイホームには大きな可能性が秘められています。

しかしマイホーム神話に踊らされているから、 日本人は、まったく損をするマイホームの持ち方をしています。

 

マイホームというのは所有する事に意味があるのか?

そこでの暮らしが大切なのか?

 

一度考えてみるべきでしょうね。

マイホーム所有神話をもっと考えるべきです。

暮らしを豊かにすることがゴール

本当は、マイホームを所有する事よりも、そこでの暮らしの方が大切なはずです。

 

「家族が安心して、気持ちよく暮らせる場所をどう確保するか」

 

これが重要であって、家を 買うか、借りるかは、そのあとの問題だと思います。

 

結果的に暮らしが豊かになるなら、購入するし、

そうでなければ賃貸でもいいのです。

所有を目的にしてはダメですね。

 

暮らしを豊かにすることがゴールです

 

時代の流れを見れば、これからは変化が激しくなることが予想できます。

家を所有して、将来、ライフスタイルが変わったらどうするんでしょうね?

 

東京のような地価が下がらないエリアならともかく、

地方の価値が下がっている土地で、変化の対応に資金が追いつかない、そうなると本末転倒です。

 

所有にこだわりすぎて ローン返済に追われる人生、

それでは何のために住宅を持ったのかが分かりません。

 

だからもとから資産価値が落ちないマイホーム作りや、土地購入の見極めが大事なんですね。

 

有効に使えず眠る、宝の山であるマイホーム!

または親が持っている、使っていない不動産。

これにもっと注目するべきです。

 

地方の不動産、親の土地、眠りすぎでしょ。。。

「お金力」を鍛える

徳島のあるエリアの風景です。

 

「1日100円」

 

何だと思います?

駐車場の料金です。

しかもけっこう人の集まるエリアの駐車場です。

 

フル稼働で月に3000円

年間36000円

 

稼働率が6割程度と考えれば

月に1800円

年間21600円

 

これに固定資産税と管理費用を支払えば、利益なんか残らないですよね。

 

死んでいる資産です。

まさに死産です。

 

こんな情けない現状があるのです。ありえないけど、本当の話です。

残念でなりません。

 

ちょっと頭を使えば、100倍のリターンは簡単に生み出せます。

 

年金不安とか言ってる前に、経営センスお金力を勉強する事が大切ですね。

 

日本人も、もっと勉強をする機会を持つべきでしょう。

「親の土地」を活用しよう

マイホームの有効活用術、親の持っている不動産の活用こそが、これからの新しい時代の資産運用です。

特に初めての資産運用にはぴったりです。

 

特に親の持っている不動産、ここでは「親の土地」と表現しますが、

 

親の土地の利用は 建物だけの投資で済むので

  • 利回りがアップできる
  • 借り入れも少ないので金利上昇リスクをおさえ
  • 土地勘を活かせ

⇒ 安定性が高い、これで失敗する方が難しいくらいです。

 

「親の土地」を活用する際に、わたしたちが提案したいのは、 住宅ローンの支払い額が実質0円になる住宅という、今世紀最強で、素人でも取り組みやすい商品です。

 

暮らしを豊かにするために、家を持つ。資産を運用する。

これからの日本の家、そして資産運用を変えていきたいと思っています。

 

 

この記事は2015年4月24日に公開した記事に加筆したものです。

文/株式会社フィット「投資の窓口」編集部

2015/04/24

注目の不動産投資セミナー